初心者でも稼げる?クラウドソーシングで月20万円以上稼いだ経験者がコツを解説

出典:www.pakutaso.com

近年、新しい働き方として注目されているクラウドソーシング。しかし、クラウドソーシングでは稼げないという声もあり、いざ始めてみようとしても慎重になってしまう人が多いのではないでしょうか。

ここでは、クラウドソーシングで月20万円の副業収入を得ていた私が「クラウドソーシングは初心者でも稼げるのか」解説していきます。

⬇︎クラウドワークスの月収公開してます⬇︎

クラウドソーシングとは

簡単に説明すると、ネットを使って仕事を受注・発注できるサービスのことです。ネット記事のライティング・プログラミング・データ入力・デザインなどの様々な仕事があり、好きな時間で好きな仕事ができるのが魅力です。

クラウドソーシングは空いた時間で仕事ができるので、家事に忙しい主婦の方や副業で稼ぎたいという方に人気があり、本業にされている方までいます。

クラウドソーシングは初心者でも稼げる?

「クラウドソーシングのことは分かったけど本当に稼げるの?」という疑問にお答えしたいと思います。答えは、「コツを掴めば誰にでも稼げる」です。

コツと言っても難しい専門知識などではなく、クラウドソーシングの特徴や仕組み、仕事内容を覚えれば初心者にでも簡単にできるものです。私もクラウドソーシングを始めたばかりの頃は知識ゼロで3ヶ月目には20万円以上稼いでいました。

下記では、クラウドソーシングの仕組みやどれくらいの金額が稼げるかを踏まえた上で稼ぎ方を徹底解説していきます。

クラウドソーシングの仕組み

クラウドソーシングで収入を得るには、まずはクラウドソーシングの仕組みについて学ぶ必要があります。ここではクラウドソーシングの報酬や手数料の仕組みについてご紹介していきます。

 クラウドソーシングでの報酬支払い・受け取り

クラウドソーシングでは、クライアントから報酬を直接受け取るということはありません。報酬の未払いなどの金銭トラブルを防ぐため、クラウドソーシングが仲介をするためです。

クラウドソーシングサイトが仲介に入ってくれるので、私たちクラウドワーカーは安心して仕事をすることができます。

 クラウドソーシングサイトごとにルールがある

サービスによってルールが定められており、そのルールに従って仕事をすれば金銭トラブルに巻き込まれることはないです。例えばクラウドワークスでは「仮払い」の後に作業を始めると言うルールがあります。

「仮払い」はクライアントの報酬未払いを防ぐシステムのことで、仮払い後に作業をすれば報酬の支払いがないというケースはありません。ガイドラインをしっかり読んでから仕事をするのが大切です。

 システム利用料

システム利用料というのは、クラウドソーシング業者に支払う手数料のことです。この手数料は受注者に支払われる報酬から引かれることになります。そのため、提示されている報酬の全額は受け取ることができないので注意しましょう。

システム利用料は報酬額・サービスによって異なりますが、ここでは最もメジャーなクラウドワークス、ランサーズを例に詳細を説明していきます。

システム利用料割合

  • 10万円以下:20%
  • 10万円以上20万円以下:10%
  • 20万円以上:5%

システム利用料に関してはややこしく、勘違いしてしまう方が多いですが25万円稼いだとしたら全体の5%から引かれるのではなく、10万円の20%である2万円、10万円以上20万円以下の10%である1万円、残り5万円の5%である2500円が引かれます。

つまり、25万円稼ぐと報酬から合計3万2500円が引かれるということになります。

長期的に稼ぐならプロジェクト形式

クラウドソーシングの仕事には主にタスク形式、プロジェクト形式、コンペ形式の3つの形式があります。タスク形式は小さな仕事で単価も安く、ひとつの仕事が終わると契約が終了する形式です。

コンペ形式はアイディアが採用されなければ報酬を貰うことができませんが、デザイン系の仕事をしたい方に向いています。

そして、一番おすすめなのがプロジェクト形式の仕事です。プロジェクト形式は継続して仕事をすることができ、単価が高いものが多いので、長期的に稼ぎたい人や安定した収益を得たい人にぴったりです。

効率よく稼ぐならライティング

クラウドソーシングには様々な仕事が溢れていますが、クラウドソーシングで本格的に稼ぐのであれば、仕事を厳選することが重要です。データ入力などは単純な作業ですが単価が非常に安く、私は頑張っても時給200円~400円ぐらいしか稼げませんでした。

一番おすすめなのはライティング業務です。ライティング業務はマニュアルがしっかりと作られていることが多く、初心者でも作業がしやすいです。5000文字で報酬が5000円だとすると、慣れれば3時間ほどで作業が完結するので、効率よく稼ぐことができます。

ライティング業務を受注する場合に注意したいのが、文字単価です。文字単価は仕事によって様々ですが、1文字0.8円〜1.0円のものを選びましょう。文字単価が低すぎると報酬もがくっと下がってしまいます。

初心者は怪しい案件に注意

クラウドソーシングで仕事を探しているとたまに目にするのが、コピペだけで安定して月30万円稼げるなどという文言の案件です。

このような案件に応募してしまうと、ラインIDを要求してきたり、講習会を受けさせられたり、最終的に会員費を要求されてしまうことがあります。

簡単な作業に対して高額な報酬を提示している案件には注意が必要です。客観的に見るとかなり怪しいですが、初心者だとついついひっかかってしまうことが多いようです。

その手の怪しい案件の中では月30万円という文言が流行っているようで、クライアント側からメッセージがくることもありますが、クラウドソーシングを介さない取引・契約はしないようにしましょう

初心者におすすめのクラウドソーシングサービス2選

クラウドソーシングサービスを選ぶ上で、重要なのが信頼性と仕事の量です。悪質なクライアントに出会わないためにも管理がしっかりとしている大手のサービスがおすすめです。

メジャーなサービスの方が登録している発注者も多いので、仕事が見つけやすくなります。下記の2つは初心者が必ず登録しておくべきクラウドソーシングサービスです。

 クラウドワークス

クラウドワークスは日本最大級のクラウドソーシングサービスです。ライティングはもちろん、デザイン系や事務系の仕事などが豊富に揃っています。現在、会員数は200万人を突破しており、クライアント数は25万社を超えています。

単価は少し安くなりますが初心者向けの仕事も多いので、クラウドソーシングで稼ごうと思っている方はとりあえず登録しておきましょう。

クラウドワークス

 ランサーズ

クラウドソーシング「ランサーズ」

ランサーズは日本で最初にできたクラウドソーシングサービスです。クラウドワークスと同様に超大手のサービスとなっており、ライティングとデザイン系の仕事が比較的多いのが特徴です。

単価が高いプロ向けの仕事も多く、実績を積んでいる方におすすめです。こちらでご紹介したクラウドソーシングサービスは最もメジャーなものなので、最低でもこの2つは登録しましょう。

クラウドソーシング「ランサーズ」

サービス登録後にすること

ここではクラウドソーシングサービスに登録した後、最低限やっておくことを解説していきます。

 プロフィールを充実させる

クラウドソーシングサービスに登録した後の最初の難関が案件を受注することです。クライアントも信頼性が高いワーカーに仕事を任せたいので、実績が少ない最初の内は中々案件を受注するのが難しかったりします。

そこで最低限必要になるのがプロフィールです。クライアントがワーカーを選別する際にはプロフィールを確認することが多いので、クライアントに一緒に仕事をしたいと思わせるようなプロフィールを作ることが重要です。

 プロフィールの書き方

まずはどのような情報が必要かを一つ一つ確認していきましょう。

1.経歴

まずは履歴書でも必ず記載する経歴を入力していきましょう。経歴は現在どのような仕事をしているか、過去にどのような仕事をしていたかを書きましょう。

受注したい仕事に近いことをしている場合には少し有利になります。主婦の方やフリーランスの方は時間に融通がききやすいので有利になることが多いです。

2.具体的な実績

初心者の方がプロフィール作りで手こずるのが実績です。クラウドソーシングでの実績は0の状態なので書きにくいと思います。

そこで、クラウドソーシングでの実績をカバーできるように今までの仕事をした期間、件数、活躍などを記載しましょう。ブログを運営していた人などはURLを載せることで評価が上がります。

3.受注したい仕事に関係するスキル

スキルは受注したい案件に関係のあるものを書きましょう。プログラミング系であればプログラミング言語などの知識、デザイン系ならイラストレーターなどのソフトを持っているか、操作ができるかなどです。

ライティングなら情報を調べる能力や情報をまとめる能力が重要です。また、資格などを持っているのであれば率先して記載しましょう。

4.対応時間

クライアントが重要視することが多いのがレスポンスの早さです。円滑なコミュニケーションをできるように、クライアント側から連絡が来たらすぐにレスポンスを返せるようにしましょう。

レスポンスが返せる日や時間帯を明記しておくことが大切です。主婦の方であれば対応できる時間が比較的多いので、優遇される場合があります。

 振込先の銀行は楽天銀行一択

クラウドソーシングで得た報酬の振込先銀行を登録する際に一番おすすめなのが楽天銀行です。他の銀行も登録することはできますが、手数料が500円と高額な場合が多いです。

上記でご紹介したクラウドワークス、ランサーズでは、楽天銀行にすると振込手数料が100円に抑えられます。

楽天銀行の口座を持っていないという方は、ネットから無料で作ることができるので、さくっと作ってしまいましょう。

一定以上稼いだ場合には確定申告が必要

クラウドソーシングで年間20万円以上の所得を得た場合に必要になるのが確定申告です。逆に言えば、年間20万円以内に抑えれば申告の必要はありません。

確定申告は今やネットで簡単にできるので、会社に副業の許可を得ているのであればどんどん稼ぐことをおすすめします。

まとめ

ここまでクラウドソーシングについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。副業で小遣い程度に稼ぎたい人も、がっつり稼ぎたい人にもクラウドソーシングはおすすめなので、是非参考にして頂ければと思います。

コメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

タイトルとURLをコピーしました