【プロジェクト形式の応募方法】メッセージの例文を交えて具体的に解説【クラウドワークス】

クラウドワークス初心者が迷うことの多い仕事の応募方法。クラウドワークスの月収が20万円超えした私でも初心者の頃は何が何だかわかりませんでした。今回は初心者の方が絶対に迷わないクラウドワークスの応募方法を例文を交えてご紹介します。

一番多いプロジェクト形式のライティング業務を例にしてご紹介していきますので、ぜひ参考にしてください。

⬇︎クラウドワークスの月収公開してます⬇︎

なぜプロジェクト形式のライティング業務がおすすめなのか

まず、仕事選びに迷っている人のために「なぜプロジェクト形式のライティング業務がおすすめなのか」を説明します。プロジェクト形式はクライアントと連絡を取り合いながら長期的な仕事をするものになります。

タスク形式などの一回限りの契約の場合、再度仕事を探す必要があります。プロジェクト形式であれば継続的に稼ぐことができるので仕事を探す手間が省けます。クライアントに評価してもらえれば報酬がアップする可能性もありますね。

また、ライティング業務はスキルがなくても稼ぐことができ、案件も多いのでおすすめです。私もクラウドワークスのライティング業務で月20万円以上の副業収入を得ていました。

⬇︎仕事形式などの基本情報について詳しく知りたい方はこちら⬇︎

応募前に準備しておくこと

クラウドワークスで仕事の応募をする前に、準備しておくべき最低限のことをまとめておきます。すでに準備が終わっている人も、確認のために目を通して頂ければと思います。

 共通情報の登録

クラウドワークスログイン後、右上のアカウント名をクリックすれば登録画面が開きます。入力する項目は上記画像の赤枠で囲まれた「基本情報編集」、「本人確認書類提出」、「振込先口座登録」です。

「本人確認書類提出」と「振込先口座登録」は運転免許証や銀行口座を登録するだけです。クラウドワークスは安全性が高いサービスなので、個人情報が他のユーザーやクライアントに漏れることはありません。安心してください。

「基本情報編集」は名前や住所の登録ですが、公開・非公開を選択できるので非公開を選びましょう

 受注者情報の登録

最後に、プロフィールの登録をします。初心者の方は左上の「メンバー情報編集」を登録するだけで大丈夫です。

職種はライター・記者を選択、仕事カテゴリは記事作成に近いものを選択します。

ステータスは「対応可能です」にしておきましょう。稼働可能時間は自分で計算して入力しますが、少なすぎるのもどうかと思います。時間単価は最初は800〜1000円ぐらいで良いです。年齢層は私は公開していませんでした。

肝心のプロフィールですが、有利になるようにできるだけライティング業務に関係するスキルなどを記載しましょう。何もなければタイピング速度や情報を読み取る力などについて書けばOKです。正直、私はプロフィールを重要視していません

プロフィールで入力する必須項目は以上です。ここまで入力すると、プロフィール充実度が55%くらいになると思います。「スキル登録・スキル検定」と「ポートフォリオ・経歴登録」もできるだけ登録した方が良いですが、初心者の場合は入力できないと思います。

私はプロフィール充実度が55%の状態でずっと仕事をしていたので、「スキル登録・スキル検定」と「ポートフォリオ・経歴登録」を入力したのはかなり後です。以上で最低限の準備は完了です。

クラウドワークスでの仕事の探し方

ではクラウドワークスでの仕事の探し方から説明していきます。すでに自分のしたい仕事を見つけている人は飛ばして頂いて大丈夫です。

 カテゴリ、形式で絞り込む

まずはクラウドワークスログインページの左上にある「仕事を探す」をクリックします。

ページの左側に仕事カテゴリがあるので、「ライティング・記事作成」をクリックします。

次に仕事カテゴリの下側にある絞り込みで「プロジェクト(固定報酬制)」をクリックし、絞り込むをクリックします。時間単価制も良いですが、案件が非常に少ないので今回は固定報酬制で説明します。

 好きな案件を選ぶ

私が最初に見るようにしているのは仕事の報酬です。文字単価が0.8円〜1円以上の案件がおすすめですね。それ以下だとかなり仕事の効率が悪くなります。実績が何もなくてもテストライティングで結果を出せれば十分にチャンスはあるので積極的になりましょう。

どうしても契約ができない場合は文字単価0.6円〜0.7円の初心者案件で実績を作ってから応募しましょう。また、継続可能な案件を選ぶことも大切です。長期的に稼ぐことができ、慣れることで作業時間も短縮できます。

 おすすめの案件

自分が興味のあるジャンルを選ぶのが重要です。興味があれば知識がなくとも楽しんで業務に取り組むことができます。報酬の為に仕事をするとはいえ、興味がなければ苦痛がずっと続きます。。

また、他の記事でも説明していることなのですが最終的には時給換算で考えましょう。私は文字単価0.8円と1円の仕事を受注していましたが、時給が高かったのは0.8円の仕事です。0.8円の仕事は画像の加工やアップなどがなかった為、作業時間が短縮できました。

複数の仕事を受注してみて、最終的に時給が高い案件に力を入れましょう。

クラウドワークスの仕事応募方法

お待たせしました。ここではクラウドワークスの仕事応募方法について具体的に説明していきます。

 応募の流れ(ガイドライン)を確認

応募前に大まかな流れを確認しておきましょう。応募の後はクライアント側の審査があり、契約が終わった後に業務開始です。審査の時間はクライアントによって異なりますが、連絡がこない場合もあります。どんどん応募していった方が良いですね。

 応募画面に移動し、条件を確認

好きな案件をクリックすると、右上に「応募画面へ」のボタンがあるのでクリックします。すると応募要項を入力するページに切り替わります。「仕事の詳細」をクリックすると記事の内容、報酬、作業フローなどが記載されているので確認しましょう。

作業内容が理解できなかった場合は応募ボタンの下からメッセージを送ることができます。クライアント側に質問するのも良いですが、そもそも作業内容がわからない案件は受けない方が良いです。

 契約金額を入力

「契約金額の提示」は提示されている報酬で良ければチェックをそのままにしておきます。「支払い方式」も最初から固定報酬制にチェックが入っているのでそのままにしましょう。

「契約金額」ですが、こちらは以下のパターンがあります。

  • クライアント側から指定されている➡︎指定された金額を入力
  • 指定されていないが報酬が記載されている➡︎記載された報酬金額を入力
  • 報酬の記載がない(要相談など)➡︎一旦好きな金額を入力

赤文字のパターンが一番多いです。今回の場合は記事単価3200円の記事を×10書いてくれという案件だったので契約金額は32000円と入力しました。入力する契約金額が間違えていないか不安な人はメッセージを送る際にその旨を伝えましょう。

最悪、こちらが入力していた契約金額が間違えていたとしてもクライアント側が教えてくれる場合がほとんどです。私はそれほど気にせずとも良いと思います。

 源泉徴収のチェックボックスについて

「クライアントに源泉徴収をしてもらう」のチェックボックスですが、これはクライアント側が源泉徴収をする必要があれば「チェックしてください」と記載があるはずです。チェックしてくださいと記載があればチェックし、記載がなければチェックしないようにしましょう。

これはクライアント側の都合になるので、受注者側にはあまり関係ありません。「確定申告をする場合はどうなるの?」という疑問が多そうですが、源泉徴収をされてもされなくても確定申告に影響は出ません

 任意の項目は入力しなくてもOK

「完了予定日」や「応募有効期間」などの項目は任意なので入力しなくても大丈夫です。そのままにしておきましょう。

 メッセージ作成

いよいよメッセージの作成です。応募方法の中で一番迷う項目ですね。デフォルトテンプレートを選択すると上記画像のような文章が表示されるので、それを参考にして入力していきます。

上記の例文を作成したので参考にしてください。ちなみに、上記は納品数が自由な案件に対する例文です。流れはテンプレートとほとんど同じで自己紹介・職務経験やスキル→稼働スケジュール→実績です。実績がない場合には記載しなくても大丈夫です。

最後に「お忙しいところ恐れ入りますが、何卒よろしくお願いいたします。」と記載した方が良いかもしれませんね。メッセージ欄を記入した後はその下にある応募ボタンを押すだけです。

クラウドワークスの仕事応募後の流れ

ここでは応募後から業務開始までの流れをまとめておきます。

 クライアント側の審査

応募をした後はクライアント側の審査があります。審査期間はクライアントによって異なりますが、クライアントから連絡がきた場合は迅速に対応しましょう。審査に合格した後に契約成立になります。

 テストライティングがある場合

案件によってはテストライティングがあります。テストライティングがある場合の流れは応募→一旦契約成立→クライアントからテストライティングの作業内容が送られてくる→仮払い→テストライティング業務開始→納品→審査→合格した場合継続になります。

テストライティングに合格するコツですが、とにかくクライアントがどのような記事を求めているかを考えることが大切です。経験あるのみですね。

 業務は必ず仮払い後にする

テストライティングでも本業務でもおなじですが、必ず仮払い後に行いましょう。仮払いは報酬の未払いを防ぐクラウドワークスのシステムです。仮払い後に業務を開始すれば報酬が支払われないというケースはありません

 仕事は応募後に辞退することが可能

仕事にあまりにも応募し過ぎてしまった場合、メッセージ画面から応募を辞退することができます。ただし、契約が成立してしまうと辞退することができなくなるので注意が必要です。

まとめ

ここまでクラウドワークスの応募方法についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。クラウドワークス初心者でも、臆せずどんどん応募することが大切です。実績を積んでいくと仕事の選択肢も増えていくので、最初は簡単なライティングを受けるのもおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました