クラウドワークスのライティング業務ってどんな仕事?本当に初心者でもできるか解説

クラウドワークスで月20万円以上の副業収入を得ていた私が一番プッシュしているのがライティング業務です。これからクラウドワークスを始めようとしている方も、ライティングで稼ぐ予定の方が多いのではないでしょうか。

今回は「クラウドワークスのライティング業務が具体的にどんな仕事か」気になっている方のためにわかりやすく解説していきます。

⬇︎こんな人は是非参考にしてください

  • クラウドワークスのライティング業務は具体的に何をする?
  • ライティング業務は難しそうで自分にできるかわからない

⬇︎こちらでクラウドワークスの月収公開してます⬇︎

クラウドワークスのライティングってどんな仕事?

では早速、クラウドワークスのライティングの仕事内容について順を追って説明していきます。

 ライティングとは

一応説明させてください。ライティング業務は文章を書く仕事全般のことです。ひとえにライティング業務と言っても様々な種類があります。種類によって仕事内容も微妙に変わってくるので覚えておくと早く仕事に慣れることができます。

 ライティング業務の種類

ライティングの種類 仕事内容
Webサイト 主に企業が運営するWebサイトの記事作成
ブログ記事 色んなジャンルで日記形式の記事作成
コピーライティング キャッチコピーを作成
メルマガ メルマガの文章作成
レビュー記事 商品実際に使ったレビュー記事作成

上記は主なライティング業務の種類です。クラウドワークスで受注する仕事だと、Webサイト、ブログ記事、レビュー記事がほとんどです。おすすめはWebサイトかブログ記事のライティングです。

レビュー記事は単発の仕事が多く、実際に商品を使ったことがある人しか作成することができないからです。

 クラウドワークスでの編集者とライターの違い

クラウドワークスだとクライアント側が編集者、ワーカー側がライターということになります。(中には編集者を募集しているところもあります)

編集者は記事の構成を考えたり、添削するのが仕事です。ライターは編集者の指示に従って文章を作成するだけです。もちろん、自分なりに考えた文章で記事を作成する必要はあります。

SEO対策などは初心者には難しいと言われることがあります。しかし、クラウドワークスでは編集者であるクライアント側がSEO対策を行うことがほとんどなのでライター側は気にしなくても良いです。(ライターでもSEOの知識は身につきます)

 記事のジャンル

記事のジャンルはガジェット系、美容系、サプリ系、エンタメ系、旅行系、ビジネス系など、本当に様々なものがあります。その分野に対して知識があれば作業効率が良くなりますよ。

知識がなくともネットで調べれば記事を書くことはできます。(コピペするというわけではないです)また、知識があってもなくてもネットで下調べしてからライティングするのはかわりません。

一番大切なのは興味のあるジャンルを選ぶことです。興味があるジャンルなら調べる作業もライティングする作業も苦ではなくなります。

 仕事の条件

クラウドワークスに掲載されている仕事は細かく条件が設定されています。以下はライティング業務に設定されている条件の例です。

文字単価 1文字0.8円
1記事あたりの文字数 3000文字
記事数 5記事
記事ジャンル ガジェット系
求めるレベル 初心者〜中級者
納品完了日 2020年●月●日
応募期限 2020年●月●日

上の条件の場合、文字単価が0.8円で1記事あたりの文字数が3000文字なので、1記事あたり2400円の案件ですね。文字数が多すぎるのが心配な人は1記事1000〜2000文字の案件もあるのでそちらがおすすめです。

クラウドワークスのライティング業務は初心者でもできるのか

上記で説明した通り、クライアントの指示に従って文章を作成するだけなので難しいことはありません。さらに、Webサイトは企業が運営している場合が多く、誰でもライティング業務ができるようにガチガチのマニュアルを用意しています

文章力に不安がある人は、単価が低いですが初心者案件がおすすめです。ライティングは数をこなしていけば必ず上達します。文章力が上がればクラウドワークスの報酬も上がっていきます。

ライティング業務の進め方の例

クラウドワークスのライティング業務がどのような流れで進んでいくか解説していきます。予習と思って見てください。クライアントと契約したことを前提に進めていくので、応募方法が知りたい方は下記の記事を参考にしてください。

 クライアントとの連絡方法

クラウドワークスのライティング業務の場合は、外部ツールを使用することが多いです。ビジネスチャットツールの「チャットワーク」などですね。「チャットワーク」は誰でも無料で使用することができます。

クライアントとのクラウドワークスを介さない取引は禁じられていますが、契約後に仕事の連絡を外部ツールで行うのは大丈夫です。(報酬の支払いなどはクラウドワークス上でなければだめです)

なぜチャットツールを使用するのかですが、ライティング業務は連絡を取り合うことが多いからですね。ライター側もクライアントに質問をしやすくなります。

 まずはマニュアルを確認

クライアントとの契約が成立すると、マニュアルが送られてくるケースがほとんどです。マニュアルには記事の作成方法が記載されているので、それに従ってライティングしていくことになります。

クライアントによって細かいルールが定められているので、記事を執筆した後にミスを指摘されないようしっかりマニュアルを読みましょう。

 リサーチしながら文章を書く

ライティングのやり方ですが、記事のテーマをネットでリサーチし、自分の中に落とし込んで執筆していきます。検索結果の上位数記事をリサーチしてライティングすることになります。良い記事を書くには元々の知識よりもリサーチ力が重要ですね。

この方法もおそらくマニュアルに記載されていると思います。コピペはしないように、コピペにならないようにしましょう。

 使用するソフト・納品方法

クラウドワークスのライティング業務の場合、有料のソフトが使用されることはほとんどないです。記事のフォーマットはクライアントから指定されますが、wordpressやグーグルドライブなどの無料で使用できるものです。

WordやExcelを持っていなくとも揃える必要はありません。wordpressやグーグルドライブの使用方法がわからなくても大抵はマニュアルに記載されているので大丈夫です。

まとめ

ここまでクラウドワークスのライティング業務についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。特段難しいことはないのです。この記事を読んで「自分にもできそう」と思っていただけると幸いです。

⬇︎登録はこちら⬇︎

クラウドワークス
タイトルとURLをコピーしました