回復ドライブとは?大損する前に作成しておく理由・方法・使い方【Windows10】

パソコンを家電量販店で購入した際に、店員さんに「初期設定の後はすぐに回復ドライブを作成してください」と言われたことはありますでしょうか。

ここでは回復ドライブとはなんなのか、必要性やWindows10での作成方法・使い方まで解説していきます。


回復ドライブとは


回復ドライブとは、リカバリを実行するためのメディアになります。リカバリについては後述しますが、「回復ドライブはリカバリをするためのモノ」とざっくり覚えて頂いて問題ありません。


Windows7の時代だとリカバリディスクがセットで付いていましたが、Windows10のPCには付いていないので自分で回復ドライブを作成する必要があります。


また、回復ドライブの作成にはUSBメモリが必要になります。「なぜWindows10になってから自分で作成することになったのか」については色々な理由があり、PCの販売価格を下げるためだったり、USBメモリの方が性能が高かったりですね。


何GBのUSBメモリが必要になるかは作成方法の所で解説します

リカバリとは


リカバリとは、Windowsを再インストールする作業のことです。わかりやすく言うとPCの初期化ですね。


PCになんらかの不具合が発生した時にリカバリをすることで改善が見込めます。私は仕事でPCのトラブル対応をしていましたが、大抵のことはリカバリで改善するケースが多かったです。


リカバリで改善する障害


ソフトウェア障害 OS(Windows)内の不具合。リカバリで改善する可能性が高い。
ハードウェア障害 PCの機械的な不具合。パーツ交換等の修理が必要になるのでリカバリでは改善しない。


スピーカーから音声が聴こえなくなったり、エラーメッセージが表示されて起動ができなくなったりなど、PCは精密機器なので様々な障害が発生します。


これらはソフトウェア障害かハードウェア障害か、どちらに該当するのかは正直リカバリをしてみないと判断できない場合が多いです。


PCを落下させてしまったり、液体を溢してしまったりなどは明らかなハードウェア障害ですが、特にきっかけもなしに起こった障害については切り分けの為にもリカバリが必要になります。


回復ドライブなしでもリカバリは可能


実は回復ドライブがなくてもリカバリは可能なんです。PCにはリカバリ機能が内臓されているので、回復ドライブがなくてもリカバリが実行可能です。


「じゃあ回復ドライブは必要ないのでは?」と疑問を感じる人が多いと思いますが、そうでもないんですね。


回復ドライブの必要性


回復ドライブが必要になるのは、PCに内臓されているリカバリ機能でリカバリができない場合です。


リカバリで改善する問題なのにリカバリができない場合、回復ドライブでリカバリすることで問題が解決するケースがあります。

回復ドライブの利用タイミング


リカバリをしたいと思ってもリカバリのボタンが表示されなかったり、「リカバリに失敗しました」というメッセージが表示される時に回復ドライブを利用します。


PCでリカバリできない場合は必ずしもハードウェアの障害になるわけではありません。OSの不具合でリカバリができなくなっているだけで、回復ドライブでリカバリ可能な場合があります。

結局回復ドライブは必要?


回復ドライブがなく、リカバリができない場合は修理に出すしかありません。しかし、保証が満了になっていると販売価格よりも高い修理代金を支払うことになるケースもありえます。

PCの送料、作業料、交換パーツの時価の関係でPCの修理代金は自分が想像しているよりも高くなります。どのメーカーでも同じですが、特に海外メーカーのPCは修理代金が高いですね。


さらに、PCは精密機器の為、使用して1ヶ月も立っていないのに不具合が発生するということは少なくありません。回復ドライブに必要なのはUSBメモリだけなので1,000円以下で作成可能です。個人的にはマストですね。

Windows10での回復ドライブ作成方法



スタート>Windowsシステムツール>「コントロールパネル」をクリック。


「コントロールパネルの検索」に「回復」と入力し検索します。次に「回復ドライブの作成」をクリックです。


チェックボックスにチェックが入っていることを確認して「次へ」をクリックします。こちらのウィンドウが表示される前にユーザーアカウント制御の通知が来ることがありますが、その場合は「はい」を選んでください。

「ドライブは8GB以上の〜」 ➡︎ 16GBのUSBメモリが必要

「ドライブは16GB以上の〜」 ➡︎ 32GBのUSBメモリが必要


購入直後の場合は「ドライブは8GB以上の〜」と表示されることが多いですが、ウィンドウズの自動更新等があると「ドライブは16GB以上の〜」になるので、最初から32GBのUSBメモリを用意しておくのがおすすめ


使用可能なドライブは「E:¥」を選択して「次へ」をクリックします。「D:¥」はDドライブになるので間違えないようご注意を。



「作成」をクリックすると回復ドライブの作成が開始されます。

◆回復ドライブ作成前の注意点
・作成中に電源が落ちないようにACアダプタを接続しておく
・スリープモードになると作成が中止される為、オフにしておく(スタートボタン右クリック>電源オプション>画面とスリープの項目を全て「なし」にする)
・USBメモリに保存されているデータは削除される為、重要なデータがあればバックアップをとる


回復ドライブの作成には時間がかかるので気長に待ちましょう。作業が終わると「回復ドライブの準備ができました」という表示になるので「完了」を押して作業終了です。

回復ドライブが作成できない場合


何らかの理由で回復ドライブが作成できない場合は1から順に試してください。

1. USBメモリのフォーマット
2. 別のUSBメモリを使用する
3. PCをリカバリしてから作る

USBメモリのフォーマット方法



タスクバーの「エクスプローラー」をクリック>左メニューの「PC」>デバイスとドライブにあるUSBメモリを右クリックします。

「フォーマット」をクリック。


上記画像のウィンドウが表示されるので「開始」をクリック。


警告ポップアップが表示されるので「OK」をクリック。フォーマットが終わると「フォーマットが完了しました」というメッセージが表示されるので「OK」を押して作業終了です。

回復ドライブの利用方法



ブートマネージャーを起動させ、USBメモリの項目を選択しEnterを押します。ブートマネージャーの起動方法はPCによって異なるので製品取扱書などを参考にしてください。


ざっくりですが、電源ボタンを押した後F7、F8、F11、F12のいずれかを連打すると起動する機種が多いと思います。ブートマネージャーの起動方法がわからない場合はお試しください。


それでも起動しない場合は、電源ボタン押下後にしらみ潰しにファンクションキーを連打です。


言語選択の画面が表示された場合は日本語を選択します。


「Microsoft IME」をクリックします。


オプションの選択画面が表示されるので「ドライブから回復する」をクリック。


「ファイルの削除のみ行う」をクリック。


最後に「回復」をクリックして作業完了です。30分〜1時間ぐらい経過すると初期設定の画面が表示されるので初期設定をしてPCを使い始めましょう。

まとめ


・回復ドライブはリカバリ(初期化)をするためのもの
・リスクヘッジするなら回復ドライブは必須
・回復ドライブ作成には16GBか32GBのUSBメモリが必要(できれば32GB)


回復ドライブの作成は難しいものではないので、面倒臭がらずに行っておくのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました